HUNTER's LOG on PORTABLE

2009.05.01 沁さん

0505f.jpg
HUNTER's MAIL vol.4

0508b.gif

[ 名前 ] 沁
[ 件名 ] 浮かれた書簡
[ 本文 ]
御無沙汰しております。

なにやら世間はGだtri-だと賑やかですが、未だにP2ndハンターの私には遠い夢のよう……というのは冗談ですが。(変な文。)

そんな私!な、なんと!やっと!
MHP2Gデビューを果たしました!!!わーぱちぱちぱち!
……。今更だなぁ。

御無沙汰していたのもこの辺りが大きな理由でして(色々と忙しかったのも事実ですが)、ヒプノックにいってはわー!ナルガクルガにいってはぎゃー!
ハチの巣箱のハチミツ率の高さに魅了され、アイテムボックスには550個。一枠99個のアイテムボックスは麻薬ですか。消耗アイテムのストックがすごいことに……。
大剣とハンマーを主軸に頑張っていました。
現状、一応G3ハンターです。ソロでウカムルバスはまだ倒せていない、モンスターハンターは挑戦していない、そんな感じ。

今はレアトレジャーを集めています。強力なモンスターを倒すよりも、採取していたりしている方が充実感を感じるというのは何故でしょう。

しかし、P2Gを自分でプレイしてみて、皆様の色々なお話がやっと理解できた気がします。ジェネレーションギャップはこれで埋まったッ!
とりあえずは自由に色々遊べるようになるくらいまで、プレイヤースキルと武器防具を磨く予定です。
うーむ、この内容は果たして、お伝えする必要があるものなのだろうか。……し、仕方ないよ!嬉しかったんですもの!

最後になりますが、"a side story"を毎回楽しみにしています。文章修業中(?)の身としてはへこまされることもしばしですが……。

御身体にはお気を付け下さい。では。

blank.gif

HUNTER's LOG

沁さんお久しぶりですー。

旅の空でアップアップーとかはしゃいでたらダメだった(TT)。というわけで普通に帰ってきてからの更新と相成りましてございます。ごめんなさいー。

おお!そうでやんしたか。ついにP2Gへ!
イヤーGクラス序盤はしんどかったでしょー(笑)。でも早くもG3か。やりますね。「モンスターハンター」はいかにクリアするかというよりどの武器でクリアしたら納得できるかという面がありますね。んまあ、順当に上位の範囲というと結構難しい。大剣ハンマーだとむしろG武器が似合ってたりしそうでもあります(ジークリンデとかウォーバッシュとかね)。となるとウカムですが……ありゃあもう潜行突進避けんのと落ちてくる雪塊のパタンを覚えるのの2点ですから要は慣れですね(みんなそうじゃがね)。

アイテムボックスねー。あれはねー(笑)。あたしなんかほら、弾とかみんな自作じゃないですか。邪魔だといって捨てられねえ(TT)。しかも「買わぬ」と決めているから迂闊に消耗素材を売れない。ええ、ハリマグロが一列オーバーあるのはいかにも無駄な気がするんですが…釣った苦労を思うと…。その病はウカムクリア後にこそさらに花咲くと予言しておきましょう(笑)。

大剣とハンマーじゃあまり採取のしがいも無さげなとこもありますが、この間もどっかで書いた「砥石とキレアジ」の使い分けは良いですよ。金属ブレードの武器は砥石と相性が良く、モンスターの甲殻系ブレードの武器はキレアジと相性が良いという。雪山で両方結構集りますしね(砥石は「拾える」二箇所をしっかりと)。

あ、トレジャーの中には本物の(爆)アーサー卿の記したとされる書片もありましたねー(火山)。あれは…P2からあったか。

"a side story" はめでたく第二部開幕しましたね(ヒトゴトの様に言う…笑)。いやもうナイラがビッケ食っちゃうんじゃねええぇー?と書いてるあたしがビビり気味でしたが(笑)、わずか数行できっちりと並びやがりましたね、ビッケは。

結局素人の文章なんてのは(あたしのことですが)、思い込みの激しさが武器だよね、と思います。だってどうやったら「上手」に書けるのか、なんて知らないもん(爆)。でも、ビッケについて、リオについて考えている時間が積もり積もれば連中が出てくると結局ビッケはビッケらしく「持っていく」し、リオはリオらしく喋るんです。とくに今回リオの台詞は書いてて笑いましたね。ありゃー、リオが喋ってるわ、みたいな。

はっ。文章修行中でうちでへこんでちゃあ……そりゃあれですよ。「モンハン補正」がかかってるからでして、それを抜いたらうちのなんかもうあれですから。あーまー、この程度のものがこのくらいの恥さらしですむのか…くらいの目安にはなるのか…みたいな(TT)。

恥さらしついでに(爆)ちょっと楽屋ネタを書いておきますと、やはりああいうのは、あれこれ積み重ねたネタのほんの1割2割が書かれることになる、というのじゃないとよろしくないですね。砂漠篇になるのにあわせてP1に戻って「デデ砂漠の娘」なんてやり込んでいたのもありますが、並行してそれこそヘディンから現代のサハラ砂漠単独横断記みたいなのまであれこれ読んでいくわけです。そうなりますとあれも入れたいこれも書きたい、となってしまって収拾がつかなくなる(笑)。で、その辺りの知見が「珍しくなくなるまで」ナイラの生活に反映して「遊想」していって、頭の中に「当たり前のバーディヤ村の生活」が転がりはじめたら書ける、という感じでしょうか。

ふむ。こういうのを遅筆というのだ。と、この年になって了解した次第です…ハイ。

line.giftext.gifline.gif

最新記事

0722m.jpg

090515 "雑記帳"
雑記帳

090428 "a side story"
第二部・プロローグ

090312 "a side story"
調律A・調律B

090304 お返事:書き下ろし
回復支援の基本

090218 モンスターハンター論
フラジャイル

"a side story"

img01.psd

このお話は、ポッケ村に住むひとりのハンター"ビッケ"ことヴィクトリア・T・アーサーのたどる道筋を描くものです。小説の様な体裁ですが、メインとなるのはゲームよりも広い土俵でモンスターハンターの世界がどのような振る舞いを見せるのかを追いかけることです。あるいは中の人にとってはモンスターハンターとはこういうものだ、というものでもあるのです。

LinkIconこの項目へ

最新記事
LinkIcon第二部・プロローグ

村の子ビッケ

img02.psd

ここでは村下位のクエストを舞台に、ハンターの基本をまとめています。単なる操作の技術の解説ではありません。「狩りの基本」とは何か、「このゲームでは何をなし得るのか」。
すべてのシリーズを遊ぶハンター達へ。

LinkIconこの項目へ

最新記事 狩りのマトリクス
LinkIcon調査と準備

フィールドノート

img03.psd

フィールドマスターになろう。
モンスターハンターのフィールドは単なる戦闘の背景なんかじゃありません。フィールドに「厚く」コミットして行くことは、狩りへ深く歩を進めることに他ならないのです。

LinkIconこの項目へ

最新記事
LinkIcon白地図

モンスターハンター論

img04.psd

モンスターハンターシリーズを外側から論じます。

LinkIconこの項目へ