峰山の大池

神奈川県三浦郡葉山町


峰山(三根山)の山頂に大池がある。自然池で一〇年前頃までは水深凡五〜六メートル、直径五〇メートル程あり、三浦半島古来の生物相を保つ貴重な池だが、近年減水が激しく、近く枯渇してしまうかもしれない。

往時は〝底なし沼〟といわれ、晴れると主の赤牛がうずくまる姿がのぞかれ、地元の人々は恐れて近寄らなかったという。峰山の高台には、昔尾ヶ島に尻尾をあらわした大蛇が棲んでいたともいう。

『葉山町郷土史』高梨炳
(葉山町)より要約

追記

峰山は今は峯山と書き、場所は東京航空局の横須賀VOR-DME局の東側で、大池は欝蒼とした山林の中に今もある(上に書かれるよりは小さいが)。この尾根が葉山町と横須賀市の境界で、そのまま海まで下ると長者ヶ崎となる。

池の主の赤牛が見えるというのは、伊豆半島の西北部さなぎ山の池にも同様の話がある(「池の平」)。そちらでは赤牛の正体が大蛇となっているが、極めて似た話が双方にあったことが知れる。

また、尾ヶ島というのは尾ヶ崎(長者ヶ崎)の先端にある岩礁だが、この大蛇の尾がそうして海に垂れていた、という話が尾ヶ崎の由来であり、長者となる前「長蛇ヶ崎」の名が先にあったという話にもなる。